VIKTOR&ROLF (ヴィクターアンドロルフ)

designer;
Viktor HORSTING (ヴィクター・ホスティン)
Rolf SNOEREN (ロルフ・スノラン)

1993年、イエール国際モードフォトフェスティバルに参加。プレス賞、レディス部門最優秀賞、イエール市賞と3つの賞を同時に受賞します。その後、ほとんど評価を得られない期間を経て、1994年、パリ市現代美術館で行われた「愛の冬(HILVER DE L'A MOUR)展」での発表で、モードに対する姿勢がアートとして認められました。メンズウェアのコレクションでは、ヴィクターとロルフ自身がモデルとなり、キャットウォークを闊歩して話題となりました。モデルが二人しかいないので、着替えている間の舞台裏の様子も観客に見れるようにし、前代未聞のプレゼンテーションとなりました。メンズラインは、基本的に自分たちに似合う服づくりをコンセプトにしているようです。長身で細身の二人は、まるで双子のようにそっくりでビジュアル的に彼ら自身がメンズのイメージに合っています。2006年11月、エイチ&エム(H&M)とコラボレートし、「ヴィクター&ロルフ・フォー・エイチ&エム(VIKTOR & ROLF for H&M)」を発表しました。発売初日の開店時には大蛇の列が出来るほどの盛況ぶりでした。顧客としてマドンナが有名な他、クリスチャン・ラクロワ、ジェレミー・スコット等、交友関係も広いです。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

68